女性の抜毛に無添加育毛剤マイナチュレが話題になってるけど・・・?

スポンサーリンク

女性のために開発された育毛剤です

女性の抜毛に効果があるということで、無添加育毛剤マイナチュレが注目されてます。

育毛剤のジャンルは男性の世界でこそ長い歴史がありますが、女性の抜け毛に関しては、ココ最近になって研究が進んできているように感じます。その代表格が、この無添加育毛剤マイナチュレじゃないでしょうか?

男性用育毛剤となにが違うの?

男性の育毛剤は、長い歴史の中で、毛根や頭皮に栄養を届けるものから男性ホルモンに直接作用(抑制)するものにシフトしてきました。そしてこれが革新的な効果を上げています。

ですが、女性の抜毛に関しては、男性用育毛剤と同じ考え方では効果が薄いのです。なぜなら、女性の抜け毛の一番の原因はストレスや頭皮の環境悪化、女性ホルモンの一時的な現象など、そもそも薄毛原因が男性と大きく違うからです。

現在、女性用育毛剤の主流は、頭皮に栄養をうまく届けることを主な目的にしており、これが効果を産んでいるようです。

無添加には大きなメリットがある

「無添加」ということは、実は女性の育毛に大きな意味を持っているのです。

よく植物性という育毛剤がありますが、植物性と無添加育毛剤ではレベルが違います。

無添加育毛剤とは、頭皮にダメージを与える可能性のある、11の成分・・・

パラベン、石油系界面活性剤、香料、タール系色素、紫外線吸収剤、合成ポリマー動物性原料、酸化防止剤、シリコン、着色料、鉱物油などを一切使用していないのです。

女性の肌は男性に比べ敏感です。男性の育毛剤ではさほど問題にならない?部分も女性の抜毛にとっては、大きな問題になっているようです。

この「無添加」が、どれだけ女性の抜毛に関わってくるかよく分かると思います。

マイナチュレの基本的な思想は、頭皮へのダメージになる化学成分を排除する事で、本来持つ有効成分の効果をより発揮しやすくさせるというものです。(マイナチュレは、生労働省承認の薬用育毛剤です)

無添加はベース問題は女性の育毛に効果のある有効成分

もちろんマイナチュレは、「無添加な育毛剤」というのだけがすごいのではなく、育毛剤の育毛剤たる所以・・・女性の抜毛に効く育毛成分もこだわっています。

まずは、女性の抜毛に効果のある3種類の有効成分、センブリ、グリチルリチン酸ジガリウム、ジフェンヒドラミンHCIを中心にこれらの成分と相性の良い11種類の天然植物由来成分を配合しています。

更に、素材にこだわりまくった、北海道産のミツイシコンブを使った海藻由来成分、細胞を活性化させる、細胞のエネルギーの源10種のアミノ酸を加えるといった凝りようです。

ここまで無添加育毛剤マイナチュレのことを色々調べてきましたが、最後に口コミを見る限りでは、マイナチュレを使用すると、劇的に髪の毛がフサフサになるということはないようです。

ただ、抜毛が減って、髪にコシとハリが出てきたのは、結構沢山の人が感じているようでした。また、無添加育毛剤らしく、イヤなにおいやべたつき、強い刺激がなく、気軽に長く使えるのは高評価みたいですよ。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク