自律神経の乱れを整える方法 食べ物・サプリメント・漢方薬編

頭が痛い、めまいがひどい、なんとなく不安で怒りっぽい・・・そんな症状に心当たりありませんか

私の場合、天気が悪くなると頭痛に悩まされてました。

これって気分の問題なのかなと思っていたのですが、どうやら自律神経の乱れによって起こる気象病が原因だったみたいです。

気象病対策をきちんとすれば、頭痛やめまいといった天気痛の症状に改善が期待できます
梅雨時の天気が悪い時や、季節の変わり目、台風なんかの時、頭痛やめまい、動悸がしたり、古傷が痛んだりすることってありませんか? ...

私の場合は、自律神経の乱れを整えるいくつかの方法を試したことによって、頭痛の症状が大分よくなりました。

ここでは、自律神経を整える方法のうち、

  • 食べ物
  • サプリメント
  • 漢方薬

といった、何かを服用または、意識して食べることによって自律神経を整える作用があるものについて紹介していきますね。

スポンサーリンク

自律神経の乱れを整える食べ物・サプリ・漢方薬

自律神経とは、交感神経副交感神経からなり、消化や体温調節など生命の維持に必要不可欠な部分をつかさどる非常に重要な神経です。

交感神経と副交感神経には、それぞれ次のような働きがあります。

交感神経・・・心拍数を増やし、体を緊張させ、興奮状態に導く。

副交感神経・・心身をリラックスさせ、鎮静状態に導く。睡眠時や食事の時に優位となる。

自律神経が乱れた状態とはどんな状態?

「自律神経の乱れ」とは、この交感神経と副交感神経とのバランスが崩れた状態のことを言います。

交感神経が活発化 = 体を緊張させる
副交感神経が活発化 = 体を鎮静化(リラックス)させる

この2つの神経は、相反する性質を持っており、どちかの神経が活性化している時は、もう片方の神経は沈静化しています。

健康な状態では、活性化と鎮静化が、生活のリズムに合わせてバランスよく行われています。

ところが、自律神経が乱れた状態になると、この「活性化」と「鎮静化」のバランスが崩れ、どちらかの神経が優位な状態が長く続くのです。

自律神経を整えるのに効果的な食べ物

現代は、交感神経を刺激・活性化するストレスが多く、また生活も不規則になりがちな環境です。

ですから、現代人の自律神経の乱れは、「交感神経優位」の状態が続くタイプの人が多いのが特徴です。

交感神経優位の状態を食生活で改善するには、リラックス効果をもたらし、副交感神経の働きを活性化させる栄養素を多く含む食べ物を積極的に食べていく必要があります。

その栄養素の中で最近特に効果があるといわれているのが、γーアミノ酪酸・・・通称GABA(ギャバ)です。

GABA(ギャバ)は、もともと脳や脊髄にも含まれていますが、30代後半からガクッと量が低下します。この年齢くらいから自律神経の乱れを気にする人が増えるのも納得できます。

その摂取方法ですが、最近は、チョコなどでもGABA(ギャバ)を摂取できる商品がありますが、もっと手軽にしかも沢山摂取できる食品があります。

それが、トマトです!

トマトの中玉1つには、約50ミリグラム程度のGABA(ギャバ)が含まれており、これは、1日に必要となるGABAを十分に補える量になります。

トマトはそのまま食べるだけでなく、様々な料理にも使える食材です。

私も、1日1個のトマトを夕食時に食べるのを習慣にしています。

自律神経を整えるのに効果的なサプリメント

自律神経を整える・・・特に交感神経優位の状態には、トマトに含まれるGABAが有効だと説明しました。

でも、トマトが苦手という人もいると思います。

こういった方は、サプリメントでも摂取することが出来ます。


 ちょっと大きめのドラッグストアなどには、大体500円~1,000円程度で、こういったGABAを直接摂取できるサプリメントが置いてありますよ。

自律神経を整えるのに効果的な漢方薬

サプリメントや病院で処方される薬と比べ漢方薬に速効性はありませんが、自律神経の乱れを整える作用を持つものも多数あります。

漢方薬には、次のようなメリットがあります。

副作用が出にくい
漢方薬は、複合的な症状・・・例えば頭痛と吐き気、両方に効果がある処方も可能。これに対し、病院の薬は、頭痛には頭痛薬といった単一の症状をターゲットに処方される。
時間をかけて、体自体の調子を複合的に整えるので、一時的な効果でなく、体質そのものが改善され、漢方薬をやめても悪化しにくい。

自分の症状に合う漢方薬はどこで購入すればよい?

一般的な薬とは違い、漢方薬の購入は、素人が自己判断で行うのは大変難しいのが現実です。

ですから、専門の薬局で症状を伝え、自分の症状に合うものをすすめてもらいましょう!

自分の近所にある漢方専門薬局を調べるには、きぐすり.comが便利です。

病院で処方してもらうこともできます

漢方薬は、病院の診察を受けることで、処方してもらうことも出来ます。

メリットは、健康保険が適用されるので、市販の店で直接漢方薬を購入するよりも割安で購入できる点です。

ただこの場合、漢方薬の処方箋を書いてくれるドクターのもとで診察を受けることが必要になります。

漢方薬の処方箋を書いてくれるドクターがいる病院を探すには、日本東洋医学会のホームページから検索することが出来ます。

自律神経を整えるのに効果的な食べ物等のまとめ

食生活やサプリメントを用いての自律神経を整える方法で私が継続して実践しているのは、1日1個のトマトをおやつがわりに食べるということです。

そして、その習慣は今でもずっと続けています。

私は、自律神経を整えるために生活習慣の改善や呼吸法等、他のこともやっていますので、トマト・・正確に言うとGABAの効果なのかわかりませんが、頭痛は劇的に減りました。

あと、めちゃくちゃ寝つきが良くなりました!

個人的には、手軽な順番・・・トマト → サプリメント → 漢方薬の順番で実践することをオススメします。

このほかに、自律神経を整えるのに効果のある生活習慣やストレッチなどを知りたい方はこちら参考になります。

自律神経の乱れを整える方法 生活習慣や運動・呼吸法編
季節のかわり目や加齢によってこれまで体験したことのない体調の悪化を経験したことはありませんか? 私はあります。若い時は...

シェアする

フォローする

スポンサーリンク